Menu

クロス再生

Home

クロス再生工法

原状回復の新しい形、クロス再生

クロス再生とは、当社独自の技術でクロスを洗浄し、分子レベルで汚れや臭いの元を分解することにより、新品同様にクロスを甦らせる技術です。

「甦る」や「生まれ変わる」という意味を込めて「再生」というフレーズで表現されています。
この技術は、記述開発元のサンリミックス社が特許を取得しており、「クロス再成工法」と呼ばれています。

手あか汚れ、タバコのヤニ・電化製品裏のカーボン汚れ・日焼けと呼ばれる汚れ・カビやそれに従うイヤな臭いは問題なく再生出来ます。

独自の工法・人体や環境に優しい洗剤・違和感なくクロスを補修する技術・専用道具を用いてクロスを再生しています。

原状回復工事時のクロス貼替作業と比較すると、クロス再生には下図の通り3つの利点があります。
原状回復の新しい形、クロス再生

クロス再生の効果

「本当に洗えるの?」「ムラになるんじゃないの?」「タバコやヤニの汚れはムリだろう」「ポスター跡や日焼けは?」「電化製品裏の黒い汚れは?」「ペットの尿のシミが残っている」「カビが根付いている」 このようなご相談にも、ご期待に応えることが出来ます!
クロス再生で使われている洗剤の主要成分は、無機アルカリ、酸化剤、酵素(界面活性剤含む)の3種の成分です。
これらの成分の特徴は、汚れやシミを除去するために、相互の補完及び相乗効果を生み出すことです。

まず無機アルカリは、酸化剤の働きをより活性化させる作用があり、クロスに付着した手あかや汚れを除去します。
更にこの成分で除去できないビニルクロスのエンボスのくぼみに入り込んだ微細な汚れやシミは、酸化剤や酵素が分子単位にまで分解します。
この反応は、水分が蒸発し終えるまでの間、断続的に続くので、時間が経過するにつれて効果が現れるものです。

この一連の作用により、これまで周知の洗浄方法とは一線を画す汚れをむらなく確実に除去する工法を可能にしました。

クロス再生の施工例

壁面のヤニ汚れ

クロス再生(壁面のヤニ汚れ Befor) クロス再生(壁面のヤニ汚れ After)

天井のヤニ汚れ

クロス再生(天井のヤニ汚れ Befor) クロス再生(天井のヤニ汚れ After)

電化製品カーボン汚れ

クロス再生(電化製品カーボン汚れ Befor) クロス再生(電化製品カーボン汚れ After)

壁面のカビ

クロス再生(壁面のカビ Befor) クロス再生(壁面のカビ After)

クロス再生Q&A

どんな種類のクロスでも再生できますか?

基本はビニルクロスを再生しております。布クロス、紙クロス・プリントされたクロスはご相談下さい。
また、クロスには寿命がありますので再生が出来ない場合もございます。

ビニルクロスの寿命はどのくらいですか?

環境によって変化いたしますので一概には言えませんが10年使用可能な場合もございます。基本は可塑剤が抜けた時点が寿命です。タバコのヤニの付着はクロスの寿命を短くしてしまう恐れがあります。

寿命が来たクロスは貼替えですか?

現場での判断にもよりますが、傷の補修などで再生できる場合もございます。
再生が難しい場合は貼替えをご案内致します。

破れやシミは再生できますか?

直径5cm程度の破れやシミは再生できます。破れの箇所が多い場合は張替えをおすすめ致します。

クロスの日焼けは再生できますか?(カレンダー・ポスター跡)

実はクロスは日焼けしないのです。(畳・ふすま・白木は日焼けします。)
一般に言われている日焼けの正体は室内で起きる空気の膨張熱によって、タバコのヤニや空気中のホコリがクロス内部に入り込んでいく現象です。ですから、専用の洗剤を使用するクロス再生であれば綺麗にできます。

カビ汚れは再生できますか?

カビの範囲にもよりますが、表面に付いているカビは問題なく除去可能です。
クロスの内部(ボード)から発生しているカビは補修作業になります。

電化製品後ろの黒い汚れは再生できますか?

黒い汚れの正体は、電化製品の静電気で集められた塵や埃や廃棄ガスが付着して出来る汚れ(カーボン)ですので再生可能です。

作業後にニオイは残りますか?

水を使用しますのでビニルクロスが水分を含んだ時に出るニオイはありますが、乾いてしまえば残りません。

PAGE TOP

株式会社AIWA 夢美装

〒267-0052
千葉県千葉市緑区下大和田町2717-2

■TEL 0120-33-1940